貴方の信頼に応える情報なら

調査は受けたくない!

 

大体ですが、調査は2~3年目のお盆過ぎ?

 

当たり前かもしれませんが、
税務署を好きな人はいないでしょう。
それは、税金を取られるイメージのためです。

 

同じように、
税務調査を好きな人もいないでしょう。

 

そもそも、「調べられる」のが嫌です。
正直な正しい申告をしていてもです。

 

もちろん、
ごまかしている人は、なお更でしょう。

 

ところで、どうして、
2~3年目のお盆過ぎなのでしょうか?

 

その理由は、
①7月が人事異動の時期なんです。
 転勤のため7月は落ち着かず、間もなくお盆になります。
 したがって、
 8月のお盆明けあたりから本格的に調査が始まります。

 

②1年目は、初盆です。
 この時期に税務調査というのは、感情的に受け入れられないことでしょう。

 

このため、2年経過頃にやって来るのです。

 

そんなことより、何とかならない?

 

税務調査を受けないで済む方法!

 

それが、「書面添付制度」です。
※税理士法33条の2。

 

ゼロではありませんが、税務調査を省略してもらえる可能性があります。

 

 

★書面添付制度とは?

 

関与している税理士が、「しっかり確認して調べました」という内容を書いた書類を、申告書に添付して提出すること。

 

申告書に書面が添付されると?
税務署の調査官は、相続人に連絡する前(事前)に、税理士から説明を求め意見を聴取しなければなりません。

 

その結果、
調査官の疑義が解消すれば、調査が省略・終了となります。

 

※税務調査とは、申告内容の確認です。
 申告が正しいかどうか。
 申告漏れがないかどうか。
これらの確認ができれば、調査は終了(省略)です。

 

言い替えると、
正しくない申告をけん制することが、調査の究極の目的です。

 

したがって、
関与した税理士が適切に確認・調査して、正しい申告がなされる。
この結果、
調査が省略されることが、本来のあるべき姿と言えます。

 

逆にいうと、正しい申告がなされるのであれば、そもそも、調査は不要なんです。
つまり、
書面添付制度」は、適正申告の割合を増やすための制度なんです。

 

しかし、現実は、
知識不足から正しい申告書を作成できない税理士がいます。

 

さらに、
適切に確認・調査できないためなのかどうか?、「書面を添付しない」税理士が多いのが実態です。

 

これでは、
何のための「書面添付制度」なのか?!

 

 

◎相続税に詳しいプロの税理士に依頼しましょう。

 

相続税に詳しいプロの税理士とはどんな人?

 

 

 

これで、安心して、夜もゆっくり眠れます。

 

 

➡ プロの税理士の探し方 ➡

 

➡ 相続税の節税対策「目次」 ➡

 

page top