貴方の信頼に応える情報なら

相続とは、一般的には人の「死亡」です。

 

相続とは、
一般的には人の「死亡」です(民法882条)。

 

しかし、
死亡以外にも、「失踪宣告」により相続が始まることがあります。

 

これは、
行方不明や海難事故などで、その人の生死が不明となった時です。

 

この場合、家族が家庭裁判所に届出します。

 

不明から7年経過すると、裁判所が死亡を「宣告」します(民法30条)。

 

 

 

➡ 相続税の節税対策「目次」 ➡

 

page top