貴方の信頼に応える情報なら

仏壇や仏具を買入! 注意点まで詳しく解説!その10

 

許される範囲内で税金を減らす、「節税」

 

 

⑩仏壇や仏具を買入!
 注意点まで詳しく解説!

 

「★相続税の計算と納税は?詳しい計算と解説、申告まで!」のところでも説明します。

 

墓地、墓石、神棚、仏壇、仏具などは、非課税財産(※)です。
※相続税法12条。

 

 

➡ 相続税の計算と納税は?➡
➡ 詳しい計算と解説、申告まで!➡

 

 

そこで、
例えば、墓地など非課税財産を買入れます。

 

 

(効果)
相続財産が減って、相続税が安くなります。

 

(注)
〇借入金で非課税財産を買入れた場合

 

相続の時点で借入金の残額があっても、債務控除(※)できません。
※相続税法13条。

 

 

〇買入れ前に、相続税を試算しましょう。

 

これにより、
節税効果との兼ね合いで、いくらの物を買入れるかを検討します。

 

節税効果を超える高額な買入れは、控えた方が賢明でしょう。

 

もちろん、相続税の心配がないのであれば、無理して買入れないように。

 

 

〇純金製の高額な仏具を買入れるという節税策が、雑誌で紹介されたことがありました。

 

しかし、ケースバイケースですが、
国税当局から、「行き過ぎた節税である」と否認される可能性があります。

 

したがって、節税は、慎重に。

 

相続税のプロを頼った方が安心できます。

 

相続税に詳しいプロの税理士とはどんな人?

 

 

 

➡ プロの税理士の探し方 ➡

 

➡ 相続税の節税対策「目次」 ➡

 

page top